超凡大学生

意識高ぶってる大学生のつぶやき

頑張るハラスメント

明けましておめでとうございます。

 

皆様のご健康を本年もお祈り申し上げます。

 

また、2018年も何卒宜しくお願い申し上げます!

 

さて、記事のタイトルの通り、今記事は「頑張るハラスメント」について書こうと思います。

 

なぜ今日書くのかというと、それは年末からこの年始にかけて

日本にこの「頑張るハラスメント」が蔓延するからです。

 

では目次から本題に入っていきましょう!

f:id:onehundredandninetyeight:20170731180437j:plain

頑張るハラスメントとは?

「頑張るハラスメント」

頑張るハラスメントとは?

頑張るハラスメントの具体例

頑張るハラスメントの歴史

頑張るハラスメントについて思うこと

まとめ

頑張るハラスメントとは?

まず、私たちが何げなく使っている「パワーハラスメント」「セクシャルハラスメント」といった言葉の語尾につく、「ハラスメント」の意味を確認しておきましょう。

 

ハラスメントの語源は、英語「harass(~を悩ませる)」の名詞形「harassment(悩ませること)」です。

オックスフォード英英辞典によると、

「especially continuously or on many different occasions」

という補足説明も付いており、これを和訳すると「継続的またはさまざまな機会において(相手を悩ませる)」という意味になります。

従って、ハラスメントという言葉には、「反復性のある嫌がらせ」というニュアンスが含まれています。

 

また、「頑張るハラスメント」は頑張る+ハラスメントですが、「頑張るハラスメント」とはなんでしょう?

セクシュアルハラスメント

セクシュアル(性的発言・行動で)+ハラスメント(本人が意図する、しないにかかわらず、相手を不快に思わせ、相手に自身の尊厳を傷つけられたと感じさせる)

=本人の過失度に関わらず、性的発言や行動でだれかを悩ませること

です。

そのため、私が「頑張るハラスメント」を以下の通り定義します。

頑張る(という安易なアピールや無責任な「頑張れ」という発言で)+ハラスメント(だれかを悩ませる)

=頑張りを強制しだれかを悩ませること

頑張るハラスメントの具体例

簡単に話すと、頑張るハラスメントとは頑張ることの強制です。

大きく分けると2つあります

  1. だれかからの無責任な「頑張れ」という発言による頑張りの強制
  2. だれかの「頑張る」アピールによる頑張りの強制

だれかからの「頑張れ」という無責任な頑張りの強制は以下の記事で具体的に述べられています。

www.amamiyashion.com

記事引用:雨宮紫苑様・91年生まれ、ドイツ在住のフリーライター

引用させて頂きました。大変参考になりました。ありがとうございます。

また一方で、「だれかの頑張るアピールによる頑張りの強制」ついて話します。

皆さんも一度は見たことあるのではないでしょうか。

年末や年始 の「私来年○○頑張る!」や「来年の抱負は〜」というやつです。

「だれかの頑張るアピールによる頑張りの強制」というのは、それらによって「え、私、目標も抱負もない。私ってダメなのかも」てきな感覚を抱いてしまい「私もなにか頑張らなくてはいけない」という強迫観念にかられることです。

「頑張れ」は直接的な頑張りの強制である一方、「頑張るアピール」は間接的な頑張りの強制であると私は考えました。

ちなみに一応注釈を書きます。

「頑張れ」と言った側に悪意がないのはわかります。でもその無責任な「がんばれ」を100人に言われたら、それはもう努力の強制です。潰れる人もいる、と私は思います。

また、「頑張る」とアピールした側に悪意がないのもわかります。でもそんな「頑張るアピール」を100人分くらい見てしまったら「私もなにかに頑張らなくてはならない」と感じてしまう人もいるでしょう。それはもう頑張りの強制かなと私は思います。

「頑張れ」と言われて「頑張らなきゃ」と思わない人や

「頑張る」とアピールされて「おれも頑張らなきゃ」と思わない人は

今記事に全く関係ないのでどうぞここで読むのをお止めになり他の記事かなにかへどうぞ!

また次回記事をお読み頂けたら幸いです。ありがとうございました。

 

 今記事の続きはこちら↓

頑張るハラスメントの歴史

頑張るハラスメントというのはいつからあるのかな、と少し調べましたがもちろんそんな文献は見つかりませんでした。笑

ただ自分の考察としては、新石器時代らへんの「農業革命」の頃からかな。と思います。

なぜならその頃から「人」は「意識して頑張る」ようになったからです。

農業革命の頃から人は将来のことを考えるようになりました。今まで狩猟生活でその日暮らしだった人は、農耕により少し安定的な生活を手に入れたという話です。

要は毎日頑張って生きていた狩猟生活から時々頑張らなくてもいい農耕生活になったのです。

これは「人」が「当たり前に頑張っていた人」から「時々頑張る人」に変わった歴史的転換点かな、と思います。

従って、農業革命の頃から人は「頑張る」ことを意識しはじめ、人に「頑張れ」と言うようになったのではないのか、と考えました。

頑張るハラスメントについて思うこと

まず、これには日本の同調圧力のようなことも関係するのかな、と私は考えます。

2017年末、SNSで私の多くの友人が「来年は○○頑張る」と語っていました。

そこには「おまえも目標宣言しろ!」「え、あなたも来年なにか頑張るよね?なに頑張るのか教えて(宣言して)!」「頑張るアピールする俺かっこいい。おまえは?」というようなことを少し、私は感じました。

(ここまで言語的に捉えているのはごく少数だとは思いますが、“ノリ”のようなかんじで「俺も来年に向けて目標とかインスタに載せようかな〜」と考えた人はいるのではないでしょうか)

実際、私はそういったSNSの投稿を見て、「私もなにかに頑張らなきゃ!」「頑張る投稿(アピール)したい!」と強く感じました。

しかし、なにを頑張るのかあまり鮮明に浮かび上がってこず、悩みました。そこで

「あれ、なんでおれ頑張ることいま言わなきゃいけないんだろ?」

「頑張ることって宣言しなきゃいけないんだっけ?」

「頑張ること決まってないと人間としてダメなの?」

など、私は悩みました。

これが今記事を書くことになったきっかけです。

まとめ

じゃあSNSで頑張る宣言するのをやめろって言うのかおまえは?

と言われると思います。

しかしそれに関して私の中でもあまり答えがまだ出ません。

問題提起までしかできません。申し訳ありません。

なにしろ人の頑張る宣言によってむしろ良い影響を受ける人もいるからです。

また、頑張る宣言を多くの人にし、自分に発破をかけ奮い立たせる人もいます。

SNSや周囲の人へ向けた発言の「使い道」が人それぞれである以上、

安易にSNSやリアル上での頑張るアピールを禁止にすることもまたそれはおかしい気がします。

 

ただ、直接的な「頑張れ」という頑張るハラスメント以外にも

頑張るハラスメントが実際にあることはたしかかと。

 

ただ、昨今のなんでもかんでもハラスメントをつけて問題化する流れもなんか嫌だしなあ。

この記事読むと

悩むこと=悪いこと

みたいな感じで書いてしまっているしなあ。

別に頑張ること見つけようと悩む事自体そんなよくないわけでもないし。

難しい…

 

元意識高い系大学生は見た!就活が始まると“ヒト”が変わる人ベスト3!!!

どーも、元意識高い系大学生です。

 

経歴としては、

大学1年の4月から学生団体に入る。(=意識高い系に入部)

そこから意識高い系の鑑として某大手IT企業など数社でインターンなどをした。

しかし、大学2年の冬に意識高い系の自分に疲れ、退部。

約10ヶ月ほど平凡な大学生活を楽しみ、今に至る。

 

元意識高い系の私はいま就活中です。

ということで、周りの人達も就活中です。

そして、元意識高い系だからこそわかったことがあったんです。

それは周りの人達の就活による変化です。

就活がはじまるといきなり意識高い系になる人、や

就活がはじまるといきなり人生を語る人、

就活がはじまると横文字ばっか使いはじめるやつ、など

かなり客観的に見れます。(かつて自分がそうだったから)(失笑)

 

f:id:onehundredandninetyeight:20170731180437j:plain

就活の季節が来ました。。。

 

ということで、私の独断と偏見による、就活になると人が変わる人ランキング!

 

3位、 わりと呑めるけど第一線では騒がない人

イメージしてください。どんなサークルですごい呑める人はいますよね。そして呑めないけどすご騒ぐ人とかいますよね。

今回はそういった飲み会会場の中で

「いつも程よく酔っているけど、粗相はしない。そして呑めるからといって最前線では騒がず、淡々と小グループで小話で盛り上がってる」人

です!

わかりずらいですね!笑

でもこういう人は 本当に人が変わるんです。

具体的にいうと、こういう人は

だれよりも多くのインターンにエントリーして、多くの1dayインターン、3dayインターンに参加します。それもいきなり。あくまでも淡々と就活を進めていきます。

元意識高い系から見る限り、焦りとプライドが衝突していると思われます。

自分はサークル内で前線をはるような面白いやつではないと自覚しています。

そしてこのままだと就活も前線にでれない=良い企業に行けないのでは!?と感じるのです。すると、焦りを感じるのです。

また、飲み会でも飲みすぎたりしない性格のこのタイプの人は実はプライドがすごい高いです。人前で恥をかきたくない。常にかっこいい自分でいたい。といったようなものです。

そんな性格の彼らは良い企業に行かないと、いままで自分が築き上げたもの(≒プライド)が失われてしまう。これ(プライド)だけは守らなくてはいけない。とプライドを軸に就活を進めだれよりも虎視眈々と良い企業を狙うのです。

結果、ヒトが変わったように飲み会に出現しなかったり、たんたんとESや自己分析に精を出すのです。

 

2位、少しかわいいマネージャー系女子

これはスポーツサークルによくいる女性です。

大学に入り化粧を覚え、中の中から中の上に顔を変化させてるマネージャーです。

男子ウケも女子ウケそこそこ。インスタグラムでもいいかんじにフォトジェニックと飲み会を報告しています。

この系統の人もとても変わります。

具体的には、上記の人達は就活が始まると異常なまで「良い企業」にすごいこだわり始めます。

 それも全ては自分の人生のため。この類のヒトは頭が良いんです。

将来稼ぎの良い男性と結婚するには自分が稼ぎの良い会社にはいってしまう(そしてそこで出会う)のが早い、とわかっているのです。

玉の輿にのるには玉の輿にのれるに相応な女性だと証明できたほうが早い、と理解したのです。

そして、良い企業でお金があるほうが多くの自分磨き(ジムやヨガ)もできるし、良い化粧品が使える、良い企業というネームバリューが使える、などリアリティな面も考えつくします。

また、福利厚生もしっかり見て余裕のある女性を演じれるかどうかもしっかりチェックします。結婚を狙う彼氏から急な旅行なお誘いにもしっかり対応できるか(有給を使えるか)は大事ですからね。

全ては「良い企業」で「いい男」と結婚し、人々が求めるような「幸せ」な人生を歩むため 。

あくまでも「中道な」、「一般的な」幸せを強く求めるがゆえに、就職活動で「良い企業」を強く求めるのです。そのために3位と同じように1dayインターンなどをたんたんと行き続けます。周りのちょっとブサイクめな友達が「なにやりたいのかわからない〜」とか言っている間に、どんどん就活を進めるのです。

内心では「なにやりたいかではなく、どうなっていたいか(玉の輿にのれてるか)だろ」とか思ってるのですかね。

 

1位、意識高い系

これは意外かもしれませんが、本当に意識高い系は就活になると突然

「ただの就活で焦るヒト」になるのです。

私は幸い約10ヶ月ほど早くこの現象を体感しました。笑

そう、意識高い系は意識高いままここまできたので自信満々なのです。

「おれは○○社でインターンしたし、あの会社の取締役のライン持ってるし!」など言って自信を持っているのです。

しかしそれが就活をふたをあけてみればどうでしょう。

1年は遊んでいたけど2年の夏から3年の夏まで留学いってたヒト

意識高い系界隈では出会わないたんたんと大学で勉強してたヒト

メルカリやamazonなどで賢くお金を稼いだりしてきたヒト

などとはじめて出会うのです。すると、もろくも自信は砕け散ります。

TOEICの点数は留学勢に負け、知識面では勉強したヒトに負け、ビジネス的思考面では実際に自分で考え自分の手で稼いでるヒトに負けるのです。

たった唯一勝てるのは「意識高い系同士でしゃべるときに使うわけのわからない横文字や専門用語」。

ふつうに雑談程度でテレビ広告の話をしたい友人たちの中に強引に入り込みDSPやらなんやらもちだして自分の知っているエリアにヒトを導いたり、

ブレスト中に「それ自分だったらペイする?」とか言ったりするわけです。

もう悲惨なことになるわけです。

だれよりも大海に早く飛び込んだと思っていたカエルは実は井戸どころか水たまりに飛び込んでいただけだったのです。

悲惨な意識高い系はここになって実は自分がただの「なにもできない人間」であることを認識します。「少し知ってるぶってる人」であることに気付きます。

しかし、時すでに遅し。

周囲が素直に就活を進める中、

内面では馬鹿な能力高いはずの自分のプライドと戦います。

そして外では、焦りから人事に積極的にアピールしようとします。しかし、アピールすればするほど空虚なPRが風と共に去ります。

意識高い系をディスる客観視するとと昔の自分をディスることになり耳が痛いのでここまで。笑

 

就活は本当に人を変えるほどの人生の岐路のようです。

まわりでもどんどん自分を変えてる人が続出です。

就活終わったらもとに戻るのでしょうか

それともここまま?

今後がとても楽しみです。

 

それではっ

新しい働き方「複業」について就職活動を控えた現役大学生が思うこと!

新しい働き方?

f:id:onehundredandninetyeight:20170731180437j:plain

「働き方」や人生に悩みがちな現役大学生のつぶやき


「複業」について考え始めたのは

俳優の山田孝之さんが取締役に就任、「スターとの体験」など販売する新会社をトランスコスモスと設立

山田孝之さんの↑このニュースがきっかけ。それから、

ロナウドがホテル「CR7」を正式オープン、自身の名前も地元の空港名に 写真15枚 国際ニュース:AFPBB News

クリスティアーノ・ロナウド本田圭佑もサッカー以外にもたくさん仕事をしていたなあ、と思い出しました。

もしかすると“これ(複業)”は「働き方」の一大潮流ではないのかと。

そんなことを考えはじめこの記事を作成していたら、

柴咲コウが資本金1.7億円のIT企業を設立 (文春オンライン) - Yahoo!ニュース

なんと、柴咲コウさんまで、、、(・∀・)

目次

複業とは?

複業とは、サラリーマンが時と場合によって就労形態を使い分け、複数の箇所から収入を得ることを指します。

いわゆる「副業」とは違い、どちらが“複”でどちらが“副”とはいえない、同じぐらいに労力をかける仕事を持つことが複業の特徴です。それでもわかりにくければ「副業」と「複業」の違いは考え方の違いです。

「副業」は基本的に収入の増加を図ります。

一方、「複業」は収入源のリスク分散、バランスを意図します。

言い方を更に変えると、副業はいかにスキマ時間で「お小遣い」を稼げるか、というような考え方ですが、

複業はなるべく本業に近い時間をかけ自分の「好き」に挑戦する、という考え方でもあります。

少し抽象化すると、「お金」を求める「副業」、一方で自分の好きなことなどで人生に「楽しさ」を求め挑戦するのが「複業」です。

また、複業には4つのタイプが存在します。わかりやすくまとめているサイトがありましたので、引用させて頂きます。↓

 

複業には大きく分けると、4つのタイプがあるのではないかと私は考えている。

1つ目は、「個人+個人」タイプ。個人事業主フリーランサー、小さな法人を経営している人など、個人が複数の仕事を行うタイプで、時間や雇用形態の制約が少ない分、専門的なスキルがあれば、複業は比較的容易。かつての私はこのタイプだった。

2つ目は、「個人+企業」タイプ。個人が主軸で企業にも所属するタイプで、「個人+個人」よりも、時間の管理や役割、会社に対する責任感が増す。その代わり、チームワークを生かして仕事をすることで、個人ではできなかった仕事ができる可能性がある。現在の私はこのタイプ。

3つ目は、「企業+個人」タイプ。企業が主軸で、空いた時間や週の何日かを、個人の範疇で複業するタイプだ。企業に雇用される安心感を残したまま、企業だけでは得られなかったさまざまな刺激や知見、経験を、社外から受けることができる。将来、起業につながることもあるかもしれない。アルバイトのような、お金が目的の「副業」の人もいるだろう。

4つ目は、「企業+企業」タイプ。複数の企業に所属してパラレルキャリアを築くタイプだ。複業する企業間の調整は必要かもしれないし、「組織人としての責任」を複数持つことは大変かもしれないが、複数の仕事に取り組むことで、仕事の幅や人脈が広がるだろう。

サイボウズで働いて「複業には4種類ある」と痛感し、やっぱり複業はいっしょくたには語れないよねと思った話 | サイボウズ式」複業にかなり柔軟なサイボウズ社様の「サイボウズ式」から引用させて頂きました。

 

今の働き方

これは就職活動を控えた現役大学生だから言えます。

多くの大学生は就職活動について「安定した生活と将来の高給を求め大手」「頭が少し良くて変わっているやつがベンチャー」という感じで動いています。

実際に、社会も大手企業を中心に長時間労働、終身雇用などで安定した給料で進化してきました。そのレールに乗っかって成長してきた両親、祖父母を見れば、就職活動を控えた大学生が「大手」(自分の知っている企業)で「安定」(周りと同じような給料)を求めることは当然なのかもしれません。

しかし一方で、情報のキャッチが早かったりする一般的な学生と少し考え方が違う学生は「東芝パナソニックを見ればわかるように大手はあてにならない」とベンチャー(自分が子どものときから知ってるor知らない関係ない企業で)で「成長」(周りとは違う給料)を求めるかもしれません。

とにかく現役大学生がイメージする「働き方」は「大手」か「ベンチャー」かです。

複業のメリット

私がこれから紹介するメリットは比較的「企業+個人」タイプの複業のメリット↓

  1. 収入源の分散による「保険」
  2. 社会人の「安定」と個人の「挑戦」という2つの相対するものを得られる
  3. 好きなことを仕事にできる
  4. 新しい世界が広がる

1.収入源の分散による「保険」

「企業」と「個人」で収入額に差があるとは言え、収入源が複数あることはかなりの自分の保険になります。キャッシュポイントをいくつか作ることは、「リスク分散」であり、「保険」です。
収入源が2つ3つあれば、最悪会社員が出来なくなっても暮らしていけるという保険は心を穏やかにしてくれます。

また、よくいるベンチャー志望の大学生で考えきれていないところはここです。「東芝が〜、パナソニックが〜」とか言いますが、大手に関わらず、ベンチャーだって倒産する可能性があるのです。なんなら本当はベンチャーのほうがリスキーなんですよ?

とにかく、組織に属さず個人で稼ぐキャッシュポイントがあることが、企業が有事の際の最大の「保険」です。

複業は人生の保険だと思います。

2.社会人の「安定」と個人の「挑戦」という2つの相対するものを得られる

「もっとスキルを身につけたい」「実現したい夢がある」など、仕事で実現したいことがある人にとって、それを実現するためには一か八かで会社をやめて、転職や起業をすることは「リスク」です。なぜなら、転職がうまくいく保証はありませんし、起業が成功するとも限らないからです。唯一の収入源を断ち切り「挑戦」するということです。

「複業」があれば、辞めなくてもいいかもしれません。最低限の生活を確保しつつ、新たなチャレンジができるかもしれません。ベンチャーでも、大手でも、新卒フリーランスになるのも自由ですが、しっかり「保険=安定」をキープして「挑戦」しませんか?

挑戦する時は「挑戦」だけしろ!なんて誰か言いましたか?

「安定」を保ち「挑戦」を充実させることができるのが「複業」です。

複業は「安定」と「挑戦」を同時に得るものだと思います。

3.好きなことを仕事にできる

安定を得ながら、自分のペースで縛られずに活動し、好きなことを仕事にできます。

好きなことを仕事にすることは、人生の充実度を増してくれる大きな要素だと思います。もしかしたら、好きな「こと」でなくてもいいかもしれません。好きな「環境」が広がる中で仕事をすることも、人生の充実度を増してくれるのではないかと思います。

また、「好きなことが唯一の仕事」であると、生活収入源をそれに依存してしまいます。もし、その仕事が稼げなくなってしまった場合、せっかく自分の好きなことであるにも関わらず、稼げない自分が嫌いになり、もしかすると好きなことが好きなことでなくなってしまうかもしれません。

そういったこともリスクの1つです。

それも踏まえ複業によって収入源を分散することは、好きなことを守ることにも繋がります。

複業は人生の充実度を増してくれるものだと思います。

4.新しい世界が広がる

会社でも働き、個人としても働いていると、今まで出会ったことのない人に出会えます。ネットワークが広がり、もしかしたら自分の好きなことに共感してもらえる潜在ファンに出会えるかもしれません。もしくは好きなことを一緒に楽しめる友人ができるかもしれません。

会社で得た知見が新しいネットワークで役立つかもしれません。

また、その新しいネットワークで得た知見は会社に新しい風を吹き込めるかもしれません。

複業はシナジーを生み出し、新しい世界を広げてくれるものだと思います。

まとめ

就職活動を控えどうやって働こうかと考えている時、様々な経験や本、ツイートなどを読み、このような考えにいきつきました。

就職活動は「大手」「ベンチャー」だけではありません。

「複業」という考え方を少し頭に入れるだけで、就職活動が少し変わってきました。

複業に関する記事は他にもたくさんあります。

よかったら下記にて紹介しておきます。ご覧になってください。

元リクルートの働き方カリスマ、複業人生の始まりは19歳で父になった夏 | BUSINESS INSIDER JAPAN

「複業」のススメ──日本の社会を変える働き方になるか!? | SELFTURN ONLINE(セルフターンオンライン)

複業採用の登場で何が変わる? | Fledge(フレッジ)

もしかしたら、「働き方」ってもっとたくさんあるんではないでしょうか

もっとたくさん考えて、広い視野で「働き方」を選びたいものです。

 

この記事を作成中、私が思っていることをたくさん文で表現していて、とても共感を覚えたブロガーさんと出会うことができました。この記事でも何点か参考にさせて頂きました。ありがとうございます!

とても尊敬しています。「ヌイ」さんです↓

nuinet.club