超凡大学生

意識高ぶってる大学生のつぶやき

新しい働き方「複業」について就職活動を控えた現役大学生が思うこと!

新しい働き方?

f:id:onehundredandninetyeight:20170731180437j:plain

「働き方」や人生に悩みがちな現役大学生のつぶやき


「複業」について考え始めたのは

俳優の山田孝之さんが取締役に就任、「スターとの体験」など販売する新会社をトランスコスモスと設立

山田孝之さんの↑このニュースがきっかけ。それから、

ロナウドがホテル「CR7」を正式オープン、自身の名前も地元の空港名に 写真15枚 国際ニュース:AFPBB News

クリスティアーノ・ロナウド本田圭佑もサッカー以外にもたくさん仕事をしていたなあ、と思い出しました。

もしかすると“これ(複業)”は「働き方」の一大潮流ではないのかと。

そんなことを考えはじめこの記事を作成していたら、

柴咲コウが資本金1.7億円のIT企業を設立 (文春オンライン) - Yahoo!ニュース

なんと、柴咲コウさんまで、、、(・∀・)

目次

複業とは?

複業とは、サラリーマンが時と場合によって就労形態を使い分け、複数の箇所から収入を得ることを指します。

いわゆる「副業」とは違い、どちらが“複”でどちらが“副”とはいえない、同じぐらいに労力をかける仕事を持つことが複業の特徴です。それでもわかりにくければ「副業」と「複業」の違いは考え方の違いです。

「副業」は基本的に収入の増加を図ります。

一方、「複業」は収入源のリスク分散、バランスを意図します。

言い方を更に変えると、副業はいかにスキマ時間で「お小遣い」を稼げるか、というような考え方ですが、

複業はなるべく本業に近い時間をかけ自分の「好き」に挑戦する、という考え方でもあります。

少し抽象化すると、「お金」を求める「副業」、一方で自分の好きなことなどで人生に「楽しさ」を求め挑戦するのが「複業」です。

また、複業には4つのタイプが存在します。わかりやすくまとめているサイトがありましたので、引用させて頂きます。↓

 

複業には大きく分けると、4つのタイプがあるのではないかと私は考えている。

1つ目は、「個人+個人」タイプ。個人事業主フリーランサー、小さな法人を経営している人など、個人が複数の仕事を行うタイプで、時間や雇用形態の制約が少ない分、専門的なスキルがあれば、複業は比較的容易。かつての私はこのタイプだった。

2つ目は、「個人+企業」タイプ。個人が主軸で企業にも所属するタイプで、「個人+個人」よりも、時間の管理や役割、会社に対する責任感が増す。その代わり、チームワークを生かして仕事をすることで、個人ではできなかった仕事ができる可能性がある。現在の私はこのタイプ。

3つ目は、「企業+個人」タイプ。企業が主軸で、空いた時間や週の何日かを、個人の範疇で複業するタイプだ。企業に雇用される安心感を残したまま、企業だけでは得られなかったさまざまな刺激や知見、経験を、社外から受けることができる。将来、起業につながることもあるかもしれない。アルバイトのような、お金が目的の「副業」の人もいるだろう。

4つ目は、「企業+企業」タイプ。複数の企業に所属してパラレルキャリアを築くタイプだ。複業する企業間の調整は必要かもしれないし、「組織人としての責任」を複数持つことは大変かもしれないが、複数の仕事に取り組むことで、仕事の幅や人脈が広がるだろう。

サイボウズで働いて「複業には4種類ある」と痛感し、やっぱり複業はいっしょくたには語れないよねと思った話 | サイボウズ式」複業にかなり柔軟なサイボウズ社様の「サイボウズ式」から引用させて頂きました。

 

今の働き方

これは就職活動を控えた現役大学生だから言えます。

多くの大学生は就職活動について「安定した生活と将来の高給を求め大手」「頭が少し良くて変わっているやつがベンチャー」という感じで動いています。

実際に、社会も大手企業を中心に長時間労働、終身雇用などで安定した給料で進化してきました。そのレールに乗っかって成長してきた両親、祖父母を見れば、就職活動を控えた大学生が「大手」(自分の知っている企業)で「安定」(周りと同じような給料)を求めることは当然なのかもしれません。

しかし一方で、情報のキャッチが早かったりする一般的な学生と少し考え方が違う学生は「東芝パナソニックを見ればわかるように大手はあてにならない」とベンチャー(自分が子どものときから知ってるor知らない関係ない企業で)で「成長」(周りとは違う給料)を求めるかもしれません。

とにかく現役大学生がイメージする「働き方」は「大手」か「ベンチャー」かです。

複業のメリット

私がこれから紹介するメリットは比較的「企業+個人」タイプの複業のメリット↓

  1. 収入源の分散による「保険」
  2. 社会人の「安定」と個人の「挑戦」という2つの相対するものを得られる
  3. 好きなことを仕事にできる
  4. 新しい世界が広がる

1.収入源の分散による「保険」

「企業」と「個人」で収入額に差があるとは言え、収入源が複数あることはかなりの自分の保険になります。キャッシュポイントをいくつか作ることは、「リスク分散」であり、「保険」です。
収入源が2つ3つあれば、最悪会社員が出来なくなっても暮らしていけるという保険は心を穏やかにしてくれます。

また、よくいるベンチャー志望の大学生で考えきれていないところはここです。「東芝が〜、パナソニックが〜」とか言いますが、大手に関わらず、ベンチャーだって倒産する可能性があるのです。なんなら本当はベンチャーのほうがリスキーなんですよ?

とにかく、組織に属さず個人で稼ぐキャッシュポイントがあることが、企業が有事の際の最大の「保険」です。

複業は人生の保険だと思います。

2.社会人の「安定」と個人の「挑戦」という2つの相対するものを得られる

「もっとスキルを身につけたい」「実現したい夢がある」など、仕事で実現したいことがある人にとって、それを実現するためには一か八かで会社をやめて、転職や起業をすることは「リスク」です。なぜなら、転職がうまくいく保証はありませんし、起業が成功するとも限らないからです。唯一の収入源を断ち切り「挑戦」するということです。

「複業」があれば、辞めなくてもいいかもしれません。最低限の生活を確保しつつ、新たなチャレンジができるかもしれません。ベンチャーでも、大手でも、新卒フリーランスになるのも自由ですが、しっかり「保険=安定」をキープして「挑戦」しませんか?

挑戦する時は「挑戦」だけしろ!なんて誰か言いましたか?

「安定」を保ち「挑戦」を充実させることができるのが「複業」です。

複業は「安定」と「挑戦」を同時に得るものだと思います。

3.好きなことを仕事にできる

安定を得ながら、自分のペースで縛られずに活動し、好きなことを仕事にできます。

好きなことを仕事にすることは、人生の充実度を増してくれる大きな要素だと思います。もしかしたら、好きな「こと」でなくてもいいかもしれません。好きな「環境」が広がる中で仕事をすることも、人生の充実度を増してくれるのではないかと思います。

また、「好きなことが唯一の仕事」であると、生活収入源をそれに依存してしまいます。もし、その仕事が稼げなくなってしまった場合、せっかく自分の好きなことであるにも関わらず、稼げない自分が嫌いになり、もしかすると好きなことが好きなことでなくなってしまうかもしれません。

そういったこともリスクの1つです。

それも踏まえ複業によって収入源を分散することは、好きなことを守ることにも繋がります。

複業は人生の充実度を増してくれるものだと思います。

4.新しい世界が広がる

会社でも働き、個人としても働いていると、今まで出会ったことのない人に出会えます。ネットワークが広がり、もしかしたら自分の好きなことに共感してもらえる潜在ファンに出会えるかもしれません。もしくは好きなことを一緒に楽しめる友人ができるかもしれません。

会社で得た知見が新しいネットワークで役立つかもしれません。

また、その新しいネットワークで得た知見は会社に新しい風を吹き込めるかもしれません。

複業はシナジーを生み出し、新しい世界を広げてくれるものだと思います。

まとめ

就職活動を控えどうやって働こうかと考えている時、様々な経験や本、ツイートなどを読み、このような考えにいきつきました。

就職活動は「大手」「ベンチャー」だけではありません。

「複業」という考え方を少し頭に入れるだけで、就職活動が少し変わってきました。

複業に関する記事は他にもたくさんあります。

よかったら下記にて紹介しておきます。ご覧になってください。

元リクルートの働き方カリスマ、複業人生の始まりは19歳で父になった夏 | BUSINESS INSIDER JAPAN

「複業」のススメ──日本の社会を変える働き方になるか!? | SELFTURN ONLINE(セルフターンオンライン)

複業採用の登場で何が変わる? | Fledge(フレッジ)

もしかしたら、「働き方」ってもっとたくさんあるんではないでしょうか

もっとたくさん考えて、広い視野で「働き方」を選びたいものです。

 

この記事を作成中、私が思っていることをたくさん文で表現していて、とても共感を覚えたブロガーさんと出会うことができました。この記事でも何点か参考にさせて頂きました。ありがとうございます!

とても尊敬しています。「ヌイ」さんです↓

nuinet.club

 

どうやったら本気になれるか

なかなか毎日投稿できませんが、全く書かないことはもったいないので

気分が向いた時にでもつらつらと、、、

 

前回の続き↓

気持ちの大事さ、本気の重要性 - 超凡大学生

 

 

本気になるにはどうしたらいいのか

本気になるには、ということを考えたとき、

今回のサッカー、または昨年のインターンを振り返った。

すると、「まわりの環境」であったり、「自分が好きかどうか」などふつふつと様々なことを思いついた。

そして最終地点として、実はあれにいきついてしまった。

というのは

この記事で紹介した↓

役に立つことで、生きていく - 超凡大学生

 

f:id:onehundredandninetyeight:20170805223919j:plain

人生の“生きがい”を視覚化した図

本気になるには

好きで(you love it)得意(you are great at it)でそして人の役に立つ(the world needs it)だと思う。だいたいは好きで得意であれば本気になれるかと思いがちだが私は少し違うと思う。

好きで得意だけでも本気になれる。これはそう思う。しかし本気の深度が違う。

だれかが自分の成功や勝利を願ってくれていたり、勝利を観て泣いてくれたり

そんな他人(世界)からの期待、そして感動(非日常)を与える(人の役に立つ)というファクトが追加されるだけで、本気の深度がぐっと深くなる。

想像して頂ければなんとなくわかると思うが、例えば、だれの目にも触れられず大好きで得意なリフティングをすることにきっと私は本気になれるだろう。

しかし、それがRedbullのフリースタイル・フットボールとしてやってみたらどうだろう。

www.youtube.com

(引用させて頂きました。ありがとうございます。)

人々が期待して自分のリフティングを観てくれる。自分のリフティングで喜びや感動を感じてくれる。

たったそれだけで本気の度合いがかなりかわるのではないのだろうか。

だから、私は好きで得意で、そして人の役に立つことが大事だと思う。

 

そして、飛ばしていた「稼げる(you are paid for it)」の項目だが、これについてはかなり先程までの3項目とは異なる。

というのは、「稼げる」

ということ単体ではかなり本気になりにくいからだ。

普段より稼げるからといって時給1500円の流れ作業アルバイトに本気になれるだろうか。

かなり難しい。

好き、であれば時給が低くても本気になりやすい

得意であっても本気になりやすい

そして人の役に立つことができると本気になりやすい(もっと喜んでほしい、てきな)

 

以上のことから「稼げる」は少し他の項目と異なると私は思った。

そして、考えた結果

「稼げる」はきっと他の3項目で本気になれた時、さらなる「起爆剤」として作用するのではないかと。

好きで得意で人の役に立って、本気になっているとき、大金を掲げた案件が飛び込んでくる。

例えば女子大生がユーチューブにメイク動画を挙げていて本気になっている時。

コスメ企業からPR案件が飛び込んでくる

てきな。

そういう時、はじめて他人からの期待以外の、「お金からの期待」を感じる。

そこでもっと本気になれるか。ここで本気が「お金からの期待」ばかりに目を向けてしまうと少し話は変わるが、初期ヒカキンてきな感じでもっと動画のクオリティーをあげようと新しい撮影機材を購入したりってなるとどんどん本気の深度が下がっていくと思う。

するとどんどんその本気にファンができる。もっともっと人の役に立つ。というかんじで本気の深度をぐっと下げる「起爆剤」としてお金を稼げることが作用してくるのではないのかな、と思った。

 

そして、稼げるが追加され、4項目が達成され

生きがい(人生の目標)“Purpose”

が達成されるんじゃないかな〜

と思う。

 

どうやったら本気にになれるか、それは

好きで、得意で、人の役に立てること

どんなかたちでもかまわないからまずこの3項目を達成できることを見つけること

だと思う。

そして、本気になったあと、本気の深度をぐっと下げる(そしてもっと好きになる、もっと得意になる、もっと人の役に立てる)起爆剤として「稼げる」がある思う。

 

思いが溢れるままに、徒然なるままに、書いた。

また次からは落ち着いて書こうと思います。

気持ちの大事さ、本気の重要性

今回は“サッカーを仕事に”を休ませてもらう

 

先日あるサッカーの大会に出場してきた。

 

私が所属しているサッカークラブはかなり人数が多いため、5チームを大会に登録。メンバーをサッカーの上手さ順にAチーム、Bチーム、Cチーム…と分けた。

私はCチームであった。

 

大会にはかなり多くのチームが登録しており、約90チームが参加したと聞いている。

結果的に私のチーム(Cチーム)は約90チームの大会を闘い、5位に名を連ねることができた。

 

私の個人的感想はここにはあまり書く気はない。

しかし、すべてのことに通じて言えるものをこの大会で学ぶことができたと思ったから、綴る。

 

たかがサッカー大会で学んだことは「気持ちの重要性」「本気になることの重要性」だ。

 

インターンとは - 超凡大学生

意識高い(笑)の卒業 - 超凡大学生

 

そして、それは去年学んだつもりになっていたことでもある。(↑去年の記事)

去年は本気になれないことを2ヶ月やり通したけど、あまり得るものはなかった。

そしてその事象から「本気の重要性」を学んだ。

今年は本気になれることを2ヶ月やり通して、たくさんのものを得た。

そしてその事象から「本気の重要性」を学んだ。

 

では、今年具体的になにが得られたかというと一番大きなものは「支えてくれる人」だ。

人は本気で頑張っていると不思議なことだが、誰かが支えてくれるのだ。応援してくれるのだ。嘘だと思うなら、ぜひ試してみて欲しい。なにかを本気で頑張ってみて欲しい。

お説教をしたいわけではないのでここではそれ以上踏み込まない。

 

とにかく、本気になると色々な人が手を差し伸ばしてくれる。

そして「またサッカーを一緒にしたい」や「今度遊びに行こう」「LINE教えてよ」といったことに繋がっていく。

 

要は本気になると「支えてくれる人」が得られるのだ。

これはサッカーだけに限定しないとも感じた。

例えば、本気でサービスを開発したら「一緒にサービス作ってみたい」や「今度遊びに行こう」「名刺ちょうだいよ」といったことに繋がるんではないだろうか。

 

そうすると、「本気」は「自分のファンを作れる」(支えてくれる人)という方程式が浮かんでくるだろう。しかしこの結論に行き着くには少し早い。

 

小さいだれでもできるようなプラモデル作りで本気になっていても「ファン」はできない。

本気で、“人が見えるようなところ”で、“人に実は何かを与えている”と、「ファンができる」のではないだろうか。

 

私は、本気のサッカーで「私のファン」を作った。そのメカニズムは

本気で、みんなが見てくれる前で(ピッチ上)で、勝敗などによる感動(感情の動き)を与えていた、から

だと思う。

 

いくら私が本気でサッカーをしてもだれも見ていなかったら、だれも私のファンにはならないだろう。

また、私がいくら本気でやってても観客の心を揺さぶるようなプレー(本気度が伝わるような表情、態度など)がなければ、だれも私のファンにはならなかっただろう。

 

「本気の重要性」とはただ本気になればいいというものではない。

「本気」をだれかが見てくれて、そして評価してくれて、やっとその「本気」に「重要性」を帯びる。

 

そして私の「幸せ」を構成する要素の1つに「私のファンがいる」ことが重要であることも今回のサッカーの大会で感じることができた。自分はそういう人間なのだと自分に対しての知見を得られた。

 

 

今後、就職活動でもなんでも、これは大きな自分の判断基準にしたい。

「本気になりたい」「私のファンがいてほしい」

これが相互作用する行動をできるだけとりたい。

本気になるから→ファンがいる。

ファンがいるから→本気になる。

 

明日は本気にはどうやったらなれるの?を考えたい

 

徒然なるままに書いたのでメモみたいになってます。