読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超凡大学生

意識高ぶってる大学生のつぶやき

色々あって留学行くことを延期します

もうそろそろ大学から入学許可証が届いてしまいます。

 

しかし、留学することを延期しました。

 

理由として、一番大きい理由は、ここ最近の色々あったことが直結しているのですが、それはあまり言えないため、

他の理由について言及しようと思います。

そんでもってついでにここに記録として残しておこうかな、と

 

理由1

 

もちろん飛び込んでしまったほうが一番はやいのかもしれませんが、

もう少し英語の勉強と日本文化の勉強をしたいと思いました。

少し前に日本に来ている留学生とごはんに行った。

たくさんいろいろな話を英語でしたが、

日本文化などについて聞かれても答えれない

ということが自分の胸になにかを突きつけた。

また、アルバイトで外国人を接客している時、

「なぜ君は大声を時々出すんだい?なんて言ってるんだい?」

と聞かれた。

その大声というのはお客様が、入店してきた際の「いらっしゃいませ!」であったり、退店する際の「ありがとうございました!」であるようだ。

なぜいらっしゃいませを大声で言うのか

もちろん他従業員に知らせるためであったりとかなのだが、

まず、そんなことが日本の文化であるとは思わなかった。

あまり詳しく聞けていないが私に聞いてきた人の国にはいわゆる「やまびこ」という文化はないらしい。

各従業員がお客様が近づいてきたら、「hi,how are you?」「good evening」と言うだけで、全員がお客様の来店に同時に反応し、「HI! HOW ARE YOU!!!」なんて言わないとのこと。(よーく考えたらそうだよな、、、)

そして、そんなこともスッと英語で伝えることはかなり難しい。

なにが日本の文化かもうまくわかっておらず、日本語ですら伝えられなく、英語でなんて、、、

というありさまです。

 

理由2

あまりに日本の歴史、風土を知らないということ。

一緒にごはんを食べた留学生はフランスから来ているのだが(フランス語も英語もしゃべれる)まだ日本に来て1ヶ月くらいだが、自分と同じくらい日本の色々なところに行っている。私はたぶんまだ10県くらいしか行ったことないが、その留学生は既に関東、九州は全部行ったみたいだ。

驚くと同時に自分の行動範囲の狭さとかに笑えた。

九州の別府温泉について聞かれたがなにも答えられない、竹島問題もちゃんと日本の島だということは"なんとなくわかっている"だけで、なんであんなことになっているのか答えられない。日本酒の名産地、おすすめ銘柄、飲み方を教えられない(ワインの名産地、おすすめ銘柄、飲み方をしっかり教えてくれたが自分は教えられず、、)

伊達に20年以上生きてきたつもりはなかったが、

“伊達に”生きていたようだ

留学に行く前に外国人に慣れておこう、伝えられないという感覚を感じておこうと思って、正直いって気軽に留学生をごはんに誘った。

しかし、留学前に留学に行ったんじゃないか、くらいの(留学行ったらこんなことの連続だろう)驚きというか、衝撃というか、、なんというか、、、

 

理由3

奨学金が得られなかった。

またいつか書くかもしれませんが、トビタテ留学JAPANという官民協力の奨学金に応募したのですが、落選してしまいました。

私の家庭は経済的に裕福とも言えないし、貧困でもありません。

しかし留学となるといきなり1年間で300万弱かかってしまいます。(私の場合)

いきなりはそんなお金をだすと経済状況があれということで

奨学金が必須でした。

他の奨学金もありますが、比較的楽に取れるものは貸与式のため、卒業後の自分の借金がかなり増えてしまうということで、返済できるのかと、かなり親には心配をかけてしまったりするようです。

今回の留学のプランはけっこういきなり動いたため、奨学金の選考も1個しか出願しておりませんでした。

親に出来る限り負担はかけたくない。

そして1番は、厳しいけど給付式の奨学金を得れるくらい英語の勉強であったり将来プランをしっかりやらなくてはいけないな、と強く感じました。

次は留学プランをもっと練りたいし、その通りにいかないということをわかっていても現時点のキャリアプランであったりやりたいこと、やりたくないこと、とかをもっとじっくり時間をかけて再考したいと思いました。

留学に行くことがだんだんリアルになってくるたびに留学にどれだけの人が関わっているか、どれだけのお金がかかるのか、どれだけの時間がかかるのか、かなり認識した。

そこでビビった言ったらお恥ずかしいですが、

「こんなお金も時間も人も使う留学なんだから、もっとしっかりしなきゃ。このままじゃやばいやばい。」と思いました。

(もちろん留学の事前段階だけでなく、留学最中もたくさんの時間を使い、たくさんのお金を使うのだ)

 

ざっと大きくはこの3点が理由です。

早く行きたいと言う気持ちもとても強く

少しうずうずしていますがそんな自分をなだめ、

もうちょっと邁進します。

 

がんばろう。

 

TOEFL-結果- そして言いたいことがある。

お久しぶりです

 

以前、

TOEFLの勉強法や心得、

TOEFL実際に受けた感想

などTOEFL関連記事を挙げました。

 

そこで、ついにTOEFLの結果がでたので、

発表します。

 

簡潔に言うと、

 

目標値クリア!

 

です。

つまり、留学先の指定スコア(入学時の語学要件)を上回ることができたということです!

 

勉強は成功!ということです。

 

そしてカテゴリーごとのスコアも公開します!

 

まず、実はここ1ヶ月半でTOEFL2回受けました。

それのおかげでTOEFL受ける際の注意点など前回記事で書けました。

なんで2回受けたかというと1回では確実に目標スコアに届くと思えなかったからです。

なんでもそうです。

いきなりサッカーの試合初出場の人がハットトリックできるわけありません。

TOEFLも同じでその場の雰囲気などいろいろわかってからのほうが確実にリラックスして回答できました。

 

ということは2個スコアがあるはずじゃ、、

 

と思いますよね?

 

はい。

そうです。

 

もちろん1回目のスコアは目標値達成できていませんでしたよ。笑

 

ということで

第一回目と二回目のスコア公開します!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

1回目がこちら↓

 

f:id:onehundredandninetyeight:20170326234328p:plain

 

2回目がこちら↓

f:id:onehundredandninetyeight:20170326234359p:plain

 

スコアのスクリーンショットを載せておきますね😃

 

 

 

 

 

 

 

私の志望している大学の最低語学能力がTOEFLibt61です。

私のスコアは64です!越してます!!!!

 

感動!!!!

 

まさか本当に達成できるなんて!!!!!!!!!!!

 

信じられない!!!!!!!!!!!!!!!

 

嬉しいです。

 

とういうことで私の勉強法はあながち間違いというわけでもないかもしれないということが証明されました。笑

 

まあ勉強法は置いといて、

 

1ヶ月半の勉強で2年くらい英語を勉強していなかった人でも

TOEFLibt61取れるということです。

 

1回目と2回目の間は2週間ですから

結果的には2週間でスコアを18上げたことになります。笑

 

本当に奇跡の部分が多いと思いますが、

 

まあとりあえず、結果は出せたということで。

 

留学に行きたい人で応募まで2ヶ月切ってる人、

勇気を持って欲しいです。

それ以外の人でも

みんな、なにに対しても

 

諦めないでほしい。

 

じぶんができたからできるだろ!!!

と投げやりに言いたくはありませんが、

本当に私はふつうの人間です。

いままでの記事を読んで頂くとわかると思います。

 

将来について悩んだり意識高ぶったりしてる

ほんとうにどこにでもいるような

若者です。

 

だから自分ができないやつだとか

私が特別なやつだとか

考えずに

少し高い壁にぶつかっても決して諦めないでほしい

 

これだけは本当にスコアをとってみて感じました。

上から目線とかじゃなくてほんとうに。

スコア見るまで私もこんなスコアを得ることができるとは思いませんでした。

(こんなスコアと言っても流暢に英語しゃべれる人とかと比べたら大したことありませんが。)

 

たかが英語のテストでそこそことれただけですが、

やはり大小関係なく、"壁"を乗り越えて

今、言いたいことがある。

 

諦めないでほしい。

 

以上です。

はじめての1日2投稿。

今日パソコンに触れてから色々と考えることが多くて

とりあえずそのままカタカタしていこうと思う。笑

なんかよくわからないけど、筆が止まらない?

タイピングがとまらない??

のでつらつらと

下手な文でアウトプットしていこうと思う。笑

 

色々悩んで生きてて

いろんな人に出会ってるけど

みんな色々考えてて

みんなかっこよかったり

みんなださいようにみえるけど自分なりに筋通してたり

ほんと色々としか表現できないくらい

みんな色々あるんだなあって。

 

そんでなんでこんな自分は悩んでるんだろうとか

ちょっと年上のひととか色々悩んでいるにも関わらず

なんで同年代の周りの友人の7割以上は悩んでないのか

不思議だったりした。

 

けど最近思うのは

みんな悩んでるんだなってこと。笑

自分の悩みと種類は違うとしても、

みんな日々の生活で色々悩んでる。

 

悩んでなさそうにするのがうまかったりするだけ。

 

あと、自分より年上の人も想像以上に悩んでる。

いまの職業でいいのか

いまの彼女が結婚相手になるかもしれないけどいまの彼女でいいのか

いまの生活習慣でいいのか

 

よーく考えればなんか思い当たるフシがある

タビラボやライフハッカーだとか自己啓発本だったり

そういうのは悩める私に良い刺激を与えてくれる

もはや私のために書いてくれてるんじゃないかってくらいに。笑

 

でも冷静に考えればそんなわけない

わたしはあくまでもone of them である

わたしみたいに悩める人がある一定数いるからあのようなサイトがあり、

本があったりする。

 

みんな悩んでるんだよな〜

おれだけなんでこんな悩まなきゃいけないんだよー

とか思ったりしたこともあったえけどそんなわけないもんな〜笑笑

 

少しなんか変な安心感を得る。笑

あ、おれ、逸脱してないんだ。みたいな。

みんなと一緒だ、、よかった、、

 

でも

 

それもなんか変なんだよなあ

逸脱することをなんで恐れているんだろうって。

 

日本の社会ぽいやつ。同族意識。同属意識。

まわりの空気に合わせるよくあるアレ。笑

 

おれも日本社会に侵食されてんな〜って思った!

自分はそんな日本社会にやられてるつもりなかったけど

やっぱ洗脳レベルでやられてるね!笑

 

周りと違う自分=だめ

てきなアレ。笑

 

おれもまだまだだな〜!!!

人とちがってもいいじゃん!

って自信もって言えるようになりたい!

 

自分の意見を言えるようになりたい!

人と違う自分をもっと褒めてあげたい!

自分という個に自信をもちたい!

 

悩める子羊

悩める凡大学生のブログはこれからも続きます!

乞うご期待!!

 

ほんじゃ!