読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超凡大学生

意識高ぶってる大学生のつぶやき

オバマ大統領の話(2回目)

こんにちは!

 

では、オバマ大統領の広島訪問はどこが歴史的でなぜここまで騒がれるのか、考えていきたいと思います!(いきなり真面目になる)

まず、歴史的、の意味ですが、ニュースサイトを見ての通り「米大統領現職が核被災地の訪問は初めて」ということが歴史的であると私も思います。ですがそれではなにも考えていません。

なぜいままで大統領現職は広島訪問をしなかったのか。

いままで大統領現職は広島訪問をできなかったなにか理由がある→オバマはその理由を乗り越えて広島訪問を実現した→”歴史的”

このような流れがあると考えられるのではないでしょうか。

そこで、その”広島訪問をできなかった理由”と”なぜオバマ大統領は理由を乗り越えられたか”を考えたいと思います。

 

まず、広島訪問をできなかった理由を考えたい。

※読者の方にも”自分で”考えてほしい。私も"自分で"考えた結果をここに書く。

そのために「米大統領現職広島訪問」の意味を考えたい。

私は「広島訪問」の意味にはこの意味を含んでいると思う。それは「広島に謝罪したり、被害者の追悼しに来ている。」

である。(さすがに広島に観光しに来たとは考えにくい。笑)

そのため、米大統領現職の広島訪問とはアメリカの軍事最高責任者が広島に謝罪したり、追悼しに来ている。と考えた。(もちろん他の意味もあるかもしれないが。)

さらに深掘りし、謝罪したり、追悼しに来るというのは「自分の過ちを認識した」ことであると思う。(さらにいえば罪を詫びていることでもあるかもしれない)

結論として、米大統領現職広島訪問=アメリカの軍事最高責任者が第二次世界大戦時の広島、長崎原爆の過ちを認識した。

ということではないだろうか。(オバマ大統領が謝罪したかというと正直いってしていない気がする。ただ原爆の過ちをを認識していることはわかる。)

これを米大統領現職は今まですることができなかったのである。

 

なぜだろう、「過ちを認識する」日本の小学生でもできるこのことをなぜ歴代米大統領はいままで逃げてきたのであろう。

ひとつはまずそもそも広島原爆について「過ち」と認識していなかった可能性があるだろう。真珠湾に奇襲攻撃をしかけた日本も真珠湾に訪問(それを過ちと認識)したことはない。(真珠湾のことと原爆が大きく違うのは無防備な一般市民に対しての被害の大きさであるが。)

あと考えられるのは「過ちを認識する」ことがデメリットであったからだろう。

「過ちを認識すること」がどんなデメリットであるのだろう。

  • 外交政策上、弱気な態度を他国に見せることになり他国から強気な態度を取られてしまう。
  • 外交政策上、「過ちを認識すること」は過ちを受けた国に過ちをした国は償いをしなくてはならなく、その国のいいなりになりかねない。社会的に立場が弱くなる(償いをしろ、と迫られるため)(過ちを認めてしまった以上、償えと言われ拒否することは難しい)

以上が自分が考えるデメリットである。

したがって、過ちを過ちと認識していなかったorデメリットの怯えていた

ことがいままでの米大統領現職が広島に訪問しなかった理由であると考えた。

 

長くなってしまったので次回、最後の「なぜここまで大きな騒ぎになるのか」を考えようと思います!

本当に拙い文章でごめんなさい!

少しでも読んで頂けると嬉しいです!

読んでくださった方、ありがとうございます!!