超凡大学生

意識高ぶってる大学生のつぶやき

年収1000万プレイヤーとは

ふと年収1000万プレイヤーってどれくらいすごいのかなあ

と思った。

計算してしまった。

 

年収1000万

月収約84万

1ヶ月の勤務日数大体20日だとすると

日収4万2千

1日8時間労働だとすると

時給5250円

 

となる。

 

都内の学生のアルバイトの時給平均が1000円だとしよう

 

あ、たった5倍か

と思った。

 

次に

責任というものを単純に個人が変化させることができる金額に換算してみる。

 

1000万プレイヤーにもなると

1000万程度が動くプロジェクトには参画しているだろう。

単純計算で1000万プレイヤーの責任は

1000万円だ。

 

学生アルバイトはお客にクレームをつけられたり食器を割ったりしても

影響を与えられる金額は最高でも10万程度だろう。

単純計算で学生アルバイトの責任は

10万円だ。

 

時給は1000万プレイヤーは学生の約5倍だった。

 

しかし責任は100倍あった。(かなりおおざっぱだが。)

 

アルバイトよりも100倍の責任を背負ってるし、平日5日ほぼ必ず働かなきゃいけないのに

給与はたったの5倍か、、、笑

 

そうすると逆に

単純作業や流れ作業をこなしているアルバイトの時給が高く感じてきた。笑

たとえやらかしても1000万プレイヤーの100分の1しか責任は負っていないし

あたまを使わず流れ作業をこなしていれば1000万プレイヤーの5分の1の給与を得られる。

 

年収1000万プレイヤーって大変そうだなあ

でもそれ以上に楽しいことや達成感とかある仕事をしているんだろうなあ

 

年収1000万プレイヤーで仕事も楽しくなく、ただなんとなく生きている人ってどういう気分なんだろう。

アルバイトの5倍しか給与をもらっていないのに不当に過剰な責任を押し付けれらている、とか思うのかな。。。

 

あまりにも単純すぎる計算、思考回路だけども

なんか世の中お金だけじゃないなあと思った。

 

なんか考え込む雰囲気になりそうですがその前に

下の動画を見て下さい。

きっとなにか得れるはず。

 

www.ted.com