超凡大学生

意識高ぶってる大学生のつぶやき

ワンチャン

ワンチャン

ワンチャンス

こんな言葉がある

 

色々な意義があると思う、広義の言葉だと思う。

 

その中でも、人生をポジティブな方向にすすめる

ワンチャン≒転機(とまで大きい言葉で言っていいのかわからないが)

についてだが、

 

ワンチャンをものにできるひと、できないひと

わんちゃんを感じているけどものにしないひと、感じてものにするひと

わんちゃんを感じれないしものにしないひと、感じられないけどものにするひと

 

人生のターニングポイントって意外と身近に溢れているかもしれないし

溢れていないかもしれない

極論をいえばひとつひとつの意思決定

すべてがワンチャンだと思う

 

自分の人生を大きく、少し、ちょっと、変えうる

ワンチャン

を感じれるか、感じれないか、

ものにできるかものにできないか。

 

今日、

ワンチャンをものにして、ちょっと変わった男と、

ものにできず、というかワンチャンを感じ取れず、何も起きなかった男

どっちも見た日だった。

だからふとなんとなく

ワンチャンってなんだろうなあ、とか

ワンチャンっていつ現れるかわかんないよなあ、とか

頭の中で渦巻いた。

そんな日だった。

 

渦巻いた結果、特に収穫はもちろんない。笑

 

ただやっぱり

ワンチャンを多くものしてる人って

人間的に素敵な人が多いなあ

って自分の周りを見ただけという、自分の狭い世界の統計学的には

そんな気がした。

 

ワンチャンが人を素敵にしてるのか

人が素敵だからワンチャンがめぐってくるのか

どっちもかもしれないし

そーんなことはわかんないけど。

 

この投稿、ワンチャンだったりしないかな〜